The Ryokan Tokyo YUGAWARA 編

宿泊プラン – 大人の原稿執筆パック 2泊3日
2018年8月23日〜25日

【経路】
新大阪ー[新幹線(2時間20分)]ー小田原ー[JR東海(16分)]ー湯河原駅ー[送迎バス(10分)]ー旅館

writing

「文豪ごっこ」にうってつけの旅館があるとの情報を得て、湯河原までやってきました。
送迎バスに揺られること10分、山道を登った先にその温泉はありました。

温泉らしいのれんのかかった、神社のような真っ赤な門をくぐって中に入ると上がり框があり、そこで靴を脱ぎます。旅館の中はスリッパで過ごすことになります。さすが旅館。
The Ryokan Tokyo YUGAWARA

受付でチェックインをすませると、浴衣を選ばせてくれます。
浴衣や帯は色・サイズが豊富でいっそ壮観です。
浴衣

なぜか入ったところは4階で、そこはフロントの他に共用スペース、バーカウンターなどがあります。
共用スペースは畳張りで和の雰囲気なのですが、なぜかそこには大量のyogiboが。
この共用スペースは食事の時に利用します。それ以外の時間でもまったりくつろいでる人たちがいました。
共有スペース共有スペース

客室は3階から下です。
個室を予約していたのですが、扉をあけてから上がり框がまず広い。
個室内にトイレがあるので、夜中にトイレに行きたくなっても怖くありませんね。
個室

8畳の部屋は一人では持て余すほどの広さ。
片隅には布団がたたんであり、寝るときは自分で布団を敷くスタイルのようです。
中央には大きな座卓があり、安定のyogiboが!この旅館yogibo好きすぎでしょ。
個室

襖を開けると小さな部屋(?)があり、そこには洗面台やクローゼットなどがあります。
床にはなぜか人工芝のようなものが敷いてありました。庭園がわりでしょうか。

せっかく「文豪ごっこ」に来たので、文豪っぽく仕事を始めましょう。
と言っても小説を書くわけではなく、書くのは別の言葉、プログラミング言語だったりするのですが。

テーブルにパソコンをセッティングします。
「あ、電源が足りない!」と思ったらちゃんとテーブルタップが用意されていました。素晴らしい。
夕食の時間までお仕事お仕事。
コックピット

初日は夕食のみ。
わりとがっつりトンカツでした。
1日目夕食
2日目は三食。
朝は12種類のおちょこ御膳。わりと圧巻です。お昼はカレーライス。夜は唐揚げでした。
2日目朝食
2日目昼食
2日目夕食
3日目は朝食のみ。
The和食な感じのみりん干しと味噌汁でした。
3日目朝食
わりと定食屋っぽいメニューでお味もそんな感じでした。どうやらこのメニューは「大人の原稿執筆パック」専用メニューっぽいです。

食後にはコーヒーが飲みたくなりますよね。なんと、このプランにはコーヒーの飲み放題がついています。
カウンターで頼んだら、いつでもコーヒーを淹れてくれます。(夜9時まで)味は薄めのアメリカンで、ポットでの提供もしていただけるので、コーヒーをガブガブ飲む人にはたまらないサービスですね。もちろんミルクや砂糖もついてますよ。
フリーコーヒー

お部屋にはお茶パックが置いてあり、電気ケトルがあるのでお茶飲み放題です。
水は見当たらなかったので水道から入れるスタイルなのでしょう。
お茶

お水のサーバーがカウンターとお風呂を出たところに置いてあるので、お水も飲み放題です。
お水

ただ、おやつが食べたくなった時には近くにお店などはないため、ちょっと悲しいことになります。食事を取るところがカフェにもなっているのですが、フレンチトーストなどはありましたが軽いお菓子的なのはなさそうです。
チョコとかつまみたい人は、事前に用意しておきましょう。

温泉はこじんまりした大浴場と個室のシャワールームがありました。
浴場の脱衣所にはコインランドリーもあります。
温泉は入れる時間が決まっているので、要注意です。(7:00-9:00, 16:00-23:00)

最終日は、チェックアウト後も共有スペースに滞在することができるので、ゆっくりと過ごすことができそう。
今回は、後の予定が詰まっていたのでそのまま9時にチェックアウト。残念です。

台風の影響でとても雨風が強かったのですが、部屋に籠っていたためへっちゃらでした。
外からの誘惑が少ないので(内からの誘惑はある)、集中して仕事ができるのが良いですね。
風景

ただ、座卓で仕事していると、腰が痛くなるのがいただけない。何か改善策はないものでしょうか。yogiboを正しく使えば痛くならないのかな。
ゆっくり食事して、ゆったり温泉に入って、たっぷり仕事して。充実した2泊3日でした。

結論、文豪ごっこ楽しかったです!

旅路

他にも「文豪ごっこ」ができそうな宿の情報募集中!
みんなで文豪ごっこを流行らせましょう〜

※文豪ごっことは、温泉宿などに泊まってカンヅメになる遊びです。

宿泊施設の情報

名称
The Ryokan Tokyo YUGAWARA
部屋のタイプ
  • 和室
  • 洋室
施設・設備
  • Wi-Fi
  • 駐車場
  • 温泉
  • 大浴場
交通
JR湯河原駅からタクシーで約10分
バス+徒歩(乗車時間10分+急坂を登る)
無料送迎バスあり(要予約)
公式サイト
https://www.theryokantokyo.com/
その他
[食事]
3食付き(大人の原稿執筆パック)
素泊まり可
カフェあり

[ポイント]
1泊3食付きの「大人の原稿執筆パック」が話題。(コーヒー飲み放題)
個室の他にドミトリーもある。